前へ
次へ

自分へのご褒美としてのエステ

仕事を頑張るための原動力になっているのが自分への投資です。
その一環として考えているのは、月に2回のエステ通いにあります。
フェイシャルとボディの充実120分コースで、疲れた体を癒やし、お肌のメンテナンスをしています。
仕事を頑張っている自分へのご褒美として位置づけていて、仕事のやる気に繋がっているのでやめることができません。
もちろん費用は高いですが、それだけの費用を払ってでも得られる満足感には変えることができないのです。
エステティシャンの方は骨格から筋肉の付き方について精通しているため、どこをどのようにマッサージすれば肌を引き締めることができるということを熟知しています。
また、ボディマッサージはハンドマッサージを基本としていて美容機器の使用は最小限に抑えているため、上質な施術を受けることができて大変満足です。
とても贅沢なコースですが、これでタフな仕事も頑張れるような気がするため、毎回楽しみにしています。

Page Top